SPANKING CHAMBER
 
(スパンキング・リアル・日常生活・お仕置き・お尻叩き・お尻ペン・お説教)



トップページ PROFILE REAL レポート コラム 反省室 相談室 道具一覧 リンク集
 

レポート4

 
              
名前 咲花
 
年齢 20代
 
反省内容 決めたことができない・怠惰な生活
 
お仕置き内容 OTKでの平手・革パドル
       ベントオーバーでの革パドル
 
回数 平手:多 革パドル:多
 
今回のお仕置きについて(咲花さん)
 
その後もメールでやりとりをし、反省する事があるとメールで叱ってもらう日々となりました。
結局、悪いことはしないって思っていても、お尻を叩かれる
理由を何個も作るので初めてのときとは違って、膝から
なかなかおろしてもらえなくなりました。
あれ?前と違う…
一度体験しているから、こんなものだろうと勝手に
想像していたのに、そんな予想は遥かに超え
道具を使うって言われたときには自分のしたことを
後悔しました。
はじめてのパドルは、平手とは痛みの種類が違って
奥までズッシリ。
痛みが逃げるまえに叩かれるので、早く終わってほしいと願う気持ちと それだけ悪いことをしてしまったんだという罪悪感が
込み上げてきました。
やっと膝からおろしてもらって、痛いお尻を冷やして
もらってまったりモード。
それなのに、おいでって膝を指すカーさん泣
えっ!もう反省したので良いですと言ってみるけど
反省したか決めるのは咲花じゃないよ。それにまだ終わりとは言ってないよ。早くおいでって…
一度、気持ちが切れてる分、また叩かれるのはすごく
辛かったです。
どうにか膝にのると、また道具…
さっきしまったはずなのに…
最後は回数言われて、平手で仕上げ。
お説教されながら、一回一回が重たい平手。
明らかに、はじめとは違う痛み。どこにそんな力があるのかと思いながら 2回目のお仕置きが終わりました。
いい子にしてないと本当に厳しくされてしまうと思い
しばらくはピリッとした気持ちで日々の生活を送りました。
カーさんにダメと言われると、しなくなるのはお仕置き効果
なのか、ただのビビリなのか。
やりたい気持ちは出てくるが、自制できるようになりました。
 
今回のお仕置きについて(SIN)
 
今回は2回目のお仕置き。
決めたことができない、生活がだらしないということは何度か叱られましたね?
直ぐに全てを直すのは難しいかもしれませんがやはり何度も
言われるのはいけません。
今回は革パドルも使用してそれなりに厳しくしました。
ちゃんと叱られたことを思い出して生活して下さいね。
Copyright © 2018 SPANKING CHAMBER All rights reserved.