SPANKING CHAMBER
 
(スパンキング・リアル・日常生活・お仕置き・お尻叩き・お尻ペン・お説教)



トップページ PROFILE REAL レポート コラム 反省室 相談室 道具一覧 リンク集
 

レポート6

 
              
名前 純子
 
年齢 20代
 
反省内容 わがまま・八つ当たり等(前回と同内容)
 
お仕置き内容 OTKで平手・ BOでパドル(革)・トォーズ
 
回数 平手:多 道具:少し多め
 
今回のお仕置きについて(純子さん)
 
今回は2度目のお仕置きでした。
前回、あれほど「もう2度とお仕置きはされたくない」
と思うくらい反省したのに、結局は約束を守れずにまた
お仕置きを受けることになりました。
まず膝の上で、平手でたくさん叩かれました。
痛さのあまり、お尻を手でかばってしまうと
「その手は何?」と言われ余計に強く叩かれたり早くも
道具が登場してしまったり。
抵抗した分のお仕置きもきっちりとされて、慌てて
「ごめんなさい」と謝りました。
次にソファの背もたれに手をつき、道具で叩かれました。
道具の痛さにはどうしても耐えられず、すぐに体勢を崩して「嫌だ」と首を振っていると
「前回よりちゃんとできてない」と叱られました。
「お仕置きなんだから、しっかりと受けなきゃ」
という気持ちはあるけれど
SINさんに慣れてきたせいか、甘える気持ちが出て我がままを言ってしまいました。
そんな態度は許されず、途中でやめてくれるなんて期待した
自分がバカでした。
前回、パドルの強烈な痛さを体験して「手がいい」と
何度もお願いしたこともあり今回は平手でのお仕置きは
頑張って受けたつもりです。
「あと100回」も最後までちゃんと我慢したし。
ベッドに移動して、うつ伏せの状態で叩かれ、そのあとお尻をタオルで冷やしてくれました。
「やっと終わった」とくつろいでいるとベッドの上に
四つん這いにされて仕上げのお仕置きをされました。
痛かった!・・・けど、この体勢、好きなんだよなぁ。
前回は初めてのことで、SIN さんの人柄もお仕置きの状況も
分からず、怖い、恥ずかしい、痛いといった負の要素が
強かったのですが今回は気持ち的には余裕がありました。
「もう2度と受けたくない」という前回のような思いはなく
心地よいホッとするお仕置きだった気がします。
でも、すごく痛かったし、お尻のアザもばっちりと残ったので
「次回はもっと厳しく!」なんて考えないで下さいね。
 
今回のお仕置きについて(SIN)
 
今回は2度目のお仕置きということでしたが前回と全く同じ
内容で叱られてしまいましたね。
言ってしまった言葉や取ってしまった態度は後で悪かったと
後悔してもなかったことにはできません。
その時に怒りの感情が昂って抑えられないのは訓練しないと
なかなか直らないとは思います。
が、その時に一瞬今それを言ったらどうなるか、自分が
言われたらどう思うか自分をクールダウンさせて
考えてみて下さい。
又、今回のお仕置きのことが頭をよぎったらお尻をさすって
立ち止まってみて下さい。
自分が言われて、やられて嫌なことは人にしてはいけません。
勿論、同じことを繰り返したらお尻がね・・・

Copyright © 2018 SPANKING CHAMBER All rights reserved.